公益財団法人 高松宮妃癌研究基金癌撲滅 チャリティー公演
第二回
宝塚・我が心の故郷
~ベルバラから45年・・・あのオスカルや出演者が調布に唄う~
日時; 2019年5月6日(月・
昼の部: 開場 12:00 開演 12:30
夜の部: 開場 16:30 開演 17:00
会場; 調布市くすのきホール (市役所隣たずくり内)   アクセス
出演者;
初風 諄 姫 由美子 安奈 淳 明日香 都
五月 梨世 五嶋 りさ 麻乃 佳世
初風 緑 彩輝 なお  
ゲスト・久能 靖 (皇室ジャーナリスト)
チケット代; 6,500円 (全席自由席)
舞台協力; 名倉加代子 (舞踏家)
お申し込み方法; 初風緑後援会「緑の糸」会員の皆様へは、ご案内を郵送いたします。
公益財団法人 高松宮妃癌研究基金について
昭和28年2月、高松宮妃喜久子殿下は女子学院の同級生に呼びかけて「なでしこ会」を組織し、
ご自身が会長になられ、癌の研究を支援・援助する為に、様々なチャリティー活動を行われました。
これは、早くに母君を癌で亡くされた妃殿下の深い悲しみから来た事によるもので、その後15年に
亘る活動は、妃殿下の社会貢献活動として広く社会に認知されるようになり、昭和43年4月妃殿下は
癌の撲滅を祈願し、財団法人高松宮妃癌研究基金を設立されました。
平成22年6月公益財団法人に移行し、平成30年4月20日には創立50周年を迎えました。
「公益財団法人高松宮妃癌研究基金」は高松宮妃喜久子殿下がお亡くなりになられた後現在は
常陸宮殿下が総裁でございます。
毎年2月には高松宮妃癌研究基金より癌研究者へ表彰・助成金の授与を行っております。
                (本公演ちらしより引用)
トップページへ戻る